反復する生き物

好きな本を何回も読んだ感想と考察あれこれ。上部はこれから読む方、下部はもう読んだ方向け。読まずにネタバレのみ希望の方向けでは無いので、ご注意を。

来世は他人がいい2巻 特装版 小冊子・作品設定資料集

来世は他人がいい2巻 特装版

小西明日翔(講談社・プレミアムKCアフタヌーン)

 

電子書籍で1,2巻を購入後、存在を知る。

紙媒体でしか手に入らないと知り、ネットを彷徨うもどこもかしこも在庫無し。

なんと最寄りの家電量販店の書籍コーナーで1冊残っているのを見つけ、即買いしました。

この貴重な小冊子を1,000円で買ったと思えば良いことです。

 

【概要】

文字通り、初期設定やキャラクターの少し詳しいプロフィール等が載っています。

中心は、吉乃・霧島・蓮二・萼。布袋・橘・稲森もいますが、何故か翔真はいません。

あとは、連載開始前のイラスト、書き下ろしのショート漫画もあります。

 

【感想】

これから単行本を買おうと思うファンの方は、間違いなく400円多く出して特装版を探すべきだと思いますが、私みたいに通常版を読んでしまった方は迷うところかと。

価値を感じるか否かは、人によりけりではないでしょうか。

ちなみにあくまで個人の見解ですが、私は何一つ後悔していませんので、本当に好きな人は買ってもいいと思います。

これまた後から某サイトの存在を知って覗いてみたのですが、被っているところがあるので、あれを既に見た方はちょっとガッカリするかもしれません。

ただ私は、この冊子の「吉乃と霧島」という項目にあるイラスト1枚に、完全にもっていかれました。この絵は多分ここでしか見られないのでは…と思うと、手元に置いておけてラッキー。1,000円出しても買えて良かった。悔い無し。

この感覚が分かると思えるファンの方は、買った方が良いと思います。

 

来世は他人がいい(2)特装版 (プレミアムKC)

来世は他人がいい(2)特装版 (プレミアムKC)

 

 

◆反復読後の小部屋◆※既読推奨

原案が小説だったという事実を初めて知りました。

勿論内容に興味はありますが、吉乃も霧島も闇を抱え、最終的に2人ともの死を示唆するラストとか言われたら、小西先生曰く「明るい話」の今の漫画になったことにホッとします。

上述の私の好きな絵は、その小説のイメージのイラストかと思います。絶望の中でお互いに希望を見出して手を握る2人です。

このシーンの背景は悲しそうなので、漫画では同じようなシーンが無いことを祈りますが、こんなふうに温かく2人の心が通い合う日が来て欲しいと思うわけです。

(しかしキャラクター的に無理かもしれない)

 

また、上述の某サイト、見られる方には絶対にオススメです!

特に、私みたいな『来世は他人がいい』連載からの読者ファンには宝の山ですので!!

表紙の2人の薬指から始まって、これもう母屋で一緒に暮らしているでしょう…?という新妻感ある吉乃とか。本編の先が楽しみになり過ぎて震えます。

まだ本編に出てきていない登場人物もいました。吉乃の味方キャラなので、どこで登場するのか楽しみです。

あと、若かりし頃のじいさんたちが非常に面白い。本編ではあんなにキナ臭いのにな…

翔真の刺青は「龍とソメイヨシノ」。ハイ納得。