反復する生き物

基本的には好きな本を何回も読んだ感想と考察あれこれ(ときどき別コンテンツあり)。上部はこれから読む方、下部はもう読んだ方向け。読まずにネタバレのみ希望の方向けでは無いので、ご注意を。

特攻の島1巻

特攻の島1巻

佐藤秀峰(芳文社・芳文社コミックス)

 

『ブラックジャックによろしく』『新ブラックジャックによろしく』が、紙も電子も全巻持っている程好きなのですが、この作品は存在を知りながら、題材から読むのを躊躇っていました…

が、最近は家にいる時間も長いので、何か読んでみようと思ったところで、意を決して読んでみた次第です。

 

【あらすじ】

昭和19年9月、福岡海軍航空隊予科練に入隊していた渡辺裕三(わたなべ・ゆうぞう)は、友人・関口政夫(せきぐち・まさお)と共に新しい特殊兵器の搭乗員に志願し、大津島へ渡る。

そこには、志願前には多くを語られなかった新兵器が待っていた。

名は回天 すなわち人間魚雷であるーーー

 

主人公は渡辺(二等飛行曹兵)。絵を描くのが好きで家族思いの少年が、回天搭乗員となり、戦争に身を投じていく物語です。

1巻は渡辺が回転搭乗員となり、出撃を待つところまでになります。

 

【感想】

冒頭は、何らかの兵器を開発して上官に訴えている若い軍人さん2人のシーンから始まります。あらすじを読んでいるので、この兵器が回天であること、また、呼ばれている名前から、2人が回天の創案者・仁科関夫(にしな・せきお)中尉と黒木博司(くろき・ひろし)大尉だということが分かります。

お二方は実在の人物なので、渡辺と関口は?と思い調べてみましたが、この2人は架空の人物です。でも志願兵の中にはきっと、2人のような若者もいたのだと思います。

2人は、回天の説明を聞き、一度乗っただけでその弱点と欠陥に気付きました。この時代に生まれたことに恨み言一つ無く、かといって皇国に捧げる情熱を燃やしているわけでもなく、「逃げるわけにはいかない」「他にやれる事なんてない」という気持ちで志願した2人ですが、欠陥兵器で犬死にすることには抵抗があるという。読者の立場からは理解しがたく(決して悪い意味では無い)、複雑で、でもだからこそリアルで、掴めないのについ読んでしまうという感じでした。

1巻を読み始めて、主人公の気持ちが1冊読み終わってもほぼ掴めなかったら、本来、続きを読む気にはならないのではないかと思うのですが…

それでも読者の心を掴む不思議な作品だと感じさせられました。

 

特攻の島1

特攻の島1

  • 作者:佐藤 秀峰
  • 発売日: 2019/12/01
  • メディア: Kindle版
 

 

◆反復読後の小部屋◆※既読推奨

上にも書きましたが、渡辺の気持ちが非常に掴みにくい。1度目は分からないながら勢いでストーリーを追っているうちに読み終わったという感じでしたが、結局渡辺の気持ちは何度読んでも1巻だけでは分かりませんでした…

それもそのはず、本人にさえ分からないのですから。

読者も渡辺と一緒に考えさせられるのです。

そのようなわけで1度目は、話の流れ以外はあまり頭に入ってきませんでしたが、2度目以降は台詞も頭に入ってきました。

分かりません…

でも分からない理由は分かりました…

俺には何もありません…

生きる理由も…

死ぬ理由も………

仁科中尉に訓練中に回天の中で言った台詞です。

この頃仁科中尉は21歳。渡辺と関口で、「4,5歳しか変わらない」と言っていましたので、渡辺は16,17歳暗いということになります。まだ、生きる意味、ましてや死ぬ意味など分からなくて当然の年齢だと思います。

しかし渡辺は、もうすぐ死ぬことになるであろう自分の運命にも、その運命を課した時代にも、悲観したりしていません。

次のページですぐに仁科中尉に続けます。

このまま死んだように生きたくはありません…

 

ここで命を燃やします………

たった16,17歳の少年に、このように決死の覚悟をさせた戦争。渡辺は最後どうなるのだろう、という思いに強くかられながら、2巻へ手を伸ばしました。